忍者ブログ

[PR]

2020年04月06日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フロリダの気温と環境について

2013年08月21日
※すべて私たちが5月に行った際に感じたことですので、その点をご了承くださいませ。

アメリカで、一番驚いたのが冷房の強さです。
外の真夏の温度とは対照的に、室内が寒い。寒すぎる。
日本人とは肌感覚が違いすぎるとしかいえません。
それでもまだ、空気の出入りのあるレストランや広い場所は長袖を着れば大丈夫でした。
寒くなったらお店を出ればいいし、何日か経つと体も慣れてきますしね。
しかし・・・・・・

このバス内が極寒です!!
新手の拷問なの!!???って思うくらい・・・座った時から座席がキンキンに冷えています。
オールスターのホテルから30分以上は乗っていかないといけないので、しんどかった・・・・。
しかもブリザードビーチなどを回るバスでも容赦ない寒さ!
プールから来た子供たちはガタガタ震えていましたよ・・・・・
でも大人は平気なのか?みんな普通にタンクトップです。
私たちの滞在中はスコールが毎日あったので、そのあとに乗った時は本当にキツかったです。
どんなに外が暑くても、長袖は持って行かれたほうがいいと思います。

あと、もう一つ驚いたこと。
夜遅くパークからホテルへ帰るバスの中では、バス内の照明が消灯されます。
ぎゅーぎゅーに乗っていようが、真っ暗になります。
日本じゃ真っ暗で移動することはあまりないので、これが結構怖かったです。
道中、揺れることもありますし。

パーク内でも、ホテルでも、野生動物は結構います。

これはマジックキングダムのスプラッシュマウンテン近くにいたリスです。
望遠で撮っているわけではなく、普通にこの距離にやってきます。体も大きいです。
ここにはベビーカー置き場があったのですが、停めてあるベビーカーに飛び移ってきたりします。
赤ちゃんが乗っているのに横に乗ってきたリスがいて、
お母さんが必死の形相でリスを叩いて追い払っていました。そりゃ怖いですよねー・・・。
日本人感覚からすると、ちょっと衝撃を受けましたが・・・・こちらでは害獣でしたね。
あと、ジャンボターキーレッグを座って食べていたら、後ろの茂みにいたペリカンに奪われそうになりました。
お店の人がシッ!シッ!って追いやっても、あんまりこたえてないみたいでした。
エプコットの湖の近くにはカモがいて、お菓子をねだられます。
ホテルの庭の草原にいた野ウサギには、毎日会えました。リスもいます。
私はげっ歯目が大好きなので、間近で見れて幸せでした。
(眺めるにはとってもかわいいのですが、なにかあると困るので触りにいかないほうがいいかもしれません。)

以下は あの くろい G について・・・・(読みたい方だけどうぞ)

拍手



私たちが行ったのは盛夏の時期でしたので。

マジックキングダムでもお店の外壁や、地面にいるのを見ました。

ホテルのエレベーターに乗ろうとして、先に乗車されていた時は、さすがに叫んでしまいました;;
(動いてくれなかったので、結局階段であがりました)

でも外ですしね、仕方がないです。(もちろん室内にはいなかったです!!!!)

なので、そこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字



PR